本日 30 人 - 昨日 168 人 - 累計 345397 人

熊日旗3回戦

2013年04月30日
勝ちました! よかったこと、反省すべきところは各自が解っているはずです。それができる子供たちばかりです。

最低でベスト4、最高で優勝!の合言葉、
最低目標まであと2つ。

4回戦は、キャッスル旗で苦杯をなめさせられた川尻ドリームスさんです。

同じ相手に2回は負けられません。また、キャッスル後にしっかり負けた反省をし、原因を克服してきました。

あとは、ゲンキーズ野球で一つ一つの勝利を重ねるだけです。

作ってみました

2013年04月26日
スポーツ少年団 熊本市大会の組み合わせです。
スポーツ.pdf

苦しみながら…

2013年04月22日
 熊本市の学童野球最大かつメインとなる熊日旗学童野球大会熊本市予選が20日開幕、21日に初戦が行われました。

 この大会が、高円へつながる最後の大会です。いよいよ負けれない試合が続いていきます。

 初戦の相手は、キャッスル旗の初戦で対戦した池上小野球部さん。そのとき、勝ちはしたものの強力打線の片鱗を見せつけられており、非常にやりづらい相手でした。山口監督も最大限の警戒をした相手です。

 第4試合というただでさえ調整の難しい時間かつ、1時間以上の試合開始時間の遅れからか、立ち上がりから、まったくエンジンがかかりません。

 初回に、ヒットと四球とミスからあっさりと2点を献上。2回に何とか逆転に成功するものの、3回に再びリードを許すという非常に厳しい展開。その裏、再逆転するものの、4回にはまた同点を許すという、どっちに転んでもおかしくないシーソーゲームに。4回裏、ヒットと四球を絡め、ついに6点をもぎ取りそのまま時間切れ。

 本当に苦しみながらの勝利でした。池上さんも1ヶ月みっちり練習されたのだと思います。この前よりさらに迫力のある打線、そして何より勝ちたい気持ちを全面に出されたプレーは立派でした。結果こそ勝ちですが内容、気迫では完全にうちの負けでした。

 ただ、それでも勝利することができました。この大会の目標、最低でベスト4、最高で優勝を達成できるよう、反省と練習をして、池上さんの分も上を目指していきましょう!

今週末からいよいよ熊日旗が開催されます。
熊本市におけるこの大会の重要度は相当なものです。というのも、この大会の結果次第でほとんどの県大会出場が決定されると言っても過言ではないからです!
子供たちの一番の目標である高円宮県大会出場はベスト4に残って初めて確定です。ベスト8では順位決定戦があるため確定ではないのです。
まだ、今の代表チームは、それなりの大会でベスト8までしか行けてないのが現実です。

自分たちの前にある壁を乗り越えて初めて県大会出場の夢が叶うのです。

今一度、気持ちを引き締め、全員が一つになって自分たちの野球を貫きましょう!

13日 
SUIKAカップ準々決勝 対 菱形少年野球クラブ
初回の先制機を走塁いミスでつぶすと、2回に先制を許す苦しい展開。
四球とミスでじわじわ失点を重ね、チグハグな攻撃で得点機を逃す悪い流れのまま試合終了。
力の差を感じる以上に、気持ちの無さを痛感せざるを得ない試合となってしまいました。
しかしながら、いい時と悪い時の差が大きい我がチーム、熊日前に本当にいいお灸を据えてもらえました。
次は、熊日旗でリベンジしましょう。

練習試合 対 河内ドルフィンズ 合志クラブ
さすがに、負けた後の練習試合で若干は気合が入ってました。
何とか連勝で少しは気持ちが晴れたのか?

14日
練習試合 対 河内ドルフィンズ 宇土イースターズ
熊日前の大事な日曜日、今日も練習試合していただきました。
いろいろ試す部分が各チームある中で、うちもいろいろ試しながらの試合でした。結果は勝てたんですが、まだまだミスがあり、一つ一つのプレーの意義を知る必要がありそうでした。
ただ、雰囲気は上々で、来週を迎えれそうです。あとは各自、病気とケガに注意です。

SUIKAカップ2回戦

2013年04月07日
4月7日(日)SUIKAカップが開催されました。

ゲンキーズは1回戦が不戦勝で2回戦からの登場でした。

 この試合、初回にミスからあっさり先制を許す苦しい立ち上がり。その裏、同点に追いつくも2回・3回とまたミスから失点でアッという間に6対1。キャッスル旗の敗戦の尾を引いているかのような状態で、まったく反省したことがなんだったのかと思うような展開。

 しかし、3回裏から打線が大爆発、あっという間に逆転するとそのまま、流れを渡すことなく何とかコールドゲームに持って行けましたが…。

 しかしミスが多い。エラー、フィルダースチョイス、サイン無視、ワイルドピッチにパスボール、あらゆるミスのオンパレード。プレーにも余裕がない。いつも言われている一球待つ余裕が持ててません。幸いにもこの試合には勝てましたが普通は負けている試合です。失点も6点もしてるわけですし。

 力はあると思いますがチームに成っていない。動きが機敏でなく、すぐにしゅんとなる、大事なところで声が出ない。これだけでも直せば…。

 目標はあくまで熊日優勝です。ゲンキーズがチームとして目標にしていることです。ならば、みんなでもう一度ゲンキーズ野球の真骨頂、みんなで1点をもぎ取り、守り抜く野球、負けない野球の完成を目指していかないと…。